コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンネンハリタケ(万年針茸) マンネンハリタケEchinodontium tsugicola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンネンハリタケ(万年針茸)
マンネンハリタケ
Echinodontium tsugicola

担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科。モミやツガの幹に寄生して白腐れ病を生じる。心材はこのキノコの色素で赤褐色になる。子実体はなかば背着性で材上に不規則に伸長し,縁はそり返って貝殻状または著しく波打ったになる。傘の上面は硬い殻となり,黒褐色環状の溝と亀裂ができる。傘の実質は鮮かな朱色木質下面は乳房状の突起が垂れ下がり,そこに一面に子実層を生じる。胞子は無色。日本特産。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android