コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンネンハリタケ(万年針茸) マンネンハリタケ Echinodontium tsugicola

1件 の用語解説(マンネンハリタケ(万年針茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンネンハリタケ(万年針茸)
マンネンハリタケ
Echinodontium tsugicola

担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科。モミやツガの幹に寄生して白腐れ病を生じる。心材はこのキノコの色素で赤褐色になる。子実体はなかば背着性で材上に不規則に伸長し,縁はそり返って貝殻状または著しく波打った傘になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンネンハリタケ(万年針茸)の関連キーワードクリタケ(栗茸)ハリタケ(針茸)ベニタケ(紅茸)えぶりこ猪苓発光菌ハラタケホウキタケアンズタケ(杏茸)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone