木質(読み)キダチ

大辞林 第三版の解説

きだち【木質】

本草学で、植物の性質が木本あるいはそれに類似するものをさす分類用語。
木の性質。

もくしつ【木質】

木の性質。きじ。
植物の幹の内部の固い部分。木化した細胞から成る。
木材に似た性質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐だち【木質】

〘名〙
本草学で、植物分類上の用語の一つ。その性質が樹木に類するものの総称
② 木の性質。

もく‐しつ【木質】

〘名〙
① 木材の地質。木のたち。きじ。
※二銭銅貨(1926)〈黒島伝治〉一「黒光りがして、重く如何にも木質(モクシツ)が堅さうだった」
② 幹の内部の堅い部分。
※小学化学書(1874)〈文部省〉一「植物皆其養を炭酸に取り其炭素を以て木質果実及茎葉等を営造すとすれば」
③ 木材に似た性質。
④ 木で造ったもの。また、建造物などの材料としての木材。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「船材中に生ずる小虫が木質を鑽蝕して廊道を成し、漆液を錮して住するを見」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木質の関連情報