コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マン島語 マンとうごManx language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マン島語
マンとうご
Manx language

19世紀までマン島に行われていたケルト語。現代アイルランド語やスコットランド・ゲーリック語と同じく,ゴイデリック諸語に属し,古代アイルランド語に起源を発する。最初の文献は 17世紀初頭の祈祷書である。 1974年 N.マッドレルの死とともに最後の話し手を失ったが,マン島の教育委員会は約半数の小学校に課外科目としてマン島語を教えることを許可し,500人分の夜間学校を設けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマン島語の言及

【マンクス語】より

ゲーリック語の一つ。マン島で行われた言語で,マン島語とも呼ばれる。アイルランド語より分派したものであるが,初期の言語状態はよくわからない。…

※「マン島語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マン島語の関連キーワードゲーリック語ケルト文学ケルト語派マンクス語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android