祈祷書(読み)キトウショ

デジタル大辞泉の解説

きとう‐しょ〔キタウ‐〕【祈×祷書】

キリスト教各教派の典礼書。式典・礼典・礼拝の次第や基準を集めた書物。PB(prayer book)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祈祷書
きとうしょ
liturgical booksthe books of prayer

教会での礼拝諸式に使用される書物。キリスト教の祈祷は、対象がイエス・キリストにおいて自己を啓示する唯一の神であり、内容が懇願、とりなし、感謝、悔い改め、賛美の性格をもち、神との人格的交わりの道であり、「主イエス・キリストの御名(みな)によって」の結びの句と「アーメン」を必要とし、明瞭(めいりょう)な言語で表現される。教会の公同の祈祷は礼拝形式の制度化に伴い成文化された。中世祈祷書Medieval Service-booksは西方教会の典礼文(ラテン語)を記した祈祷書であり、9世紀を境に聖職者の役目別から典礼別に編集が変わった。聖公会祈祷書The Book of Common Prayerはイギリス国教会の正式な祈祷書(1662)で、宗教改革の精神を反映し、教会暦、聖書日課、公同の礼拝式を含む。典礼書、アゲンデ(祭儀規定)、式文などは祈祷文と同種のものである。[川又志朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android