マーイ(読み)まーい(英語表記)Máj

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェコスロバキアの詩人カレル・ヒネク・マーハの叙情詩的叙事詩。「五月」の意。1836年刊。「森の主」とよばれるロマンチックな盗賊ビレームとその恋人ヤルミラの悲恋を中心として、人の世のできごとと自然の叫びを歌っている。全体は四部に分かれ、インテルメッツォが2か所にある。内容的には、客観的な叙事――ビレームは処刑され、ヤルミラは湖に投身する――と主観的な叙情を交錯させ、格調に富んだ作品で、とくに一人称の使用が効果的。最終行の呼びかけには作者の名ヒネクが出てきて、急速に夢と現実が交錯する。「チェコの人びとはよき国民……」で始まる、短い前置きのつく版もある。この詩は、チェコの国民にとくに愛好され、詩学者ムカジョフスキーによる詳細な分析がある。

[飯島 周]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android