叙事(読み)じょじ

精選版 日本国語大辞典「叙事」の解説

じょ‐じ【叙事】

〘名〙
事実・事件をありのままに客観的に述べしるすこと。また、その述べしるしたもの。
随筆・蘐園雑話(1751‐72頃)「文は事を第一として間々議論あり」
(1911‐13)〈森鴎外〉一九「中にも金瓶梅は平穏な叙事(ジョジ)が十枚か二十枚かあると思ふと」 〔輟耕録‐文章宗旨〕
② 小説の中で会話に対する説明の部分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android