叙事(読み)じょじ

精選版 日本国語大辞典「叙事」の解説

じょ‐じ【叙事】

〘名〙
事実・事件をありのままに客観的に述べしるすこと。また、その述べしるしたもの。
随筆・蘐園雑話(1751‐72頃)「文は事を第一として間々議論あり」
(1911‐13)〈森鴎外〉一九「中にも金瓶梅は平穏な叙事(ジョジ)が十枚か二十枚かあると思ふと」 〔輟耕録‐文章宗旨〕
② 小説の中で会話に対する説明の部分。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「叙事」の解説

じょ‐じ【叙事】

事実や事件を、ありのままに述べ記すこと。また、その述べ記したもの。→叙情
[類語]叙情叙景物語はなしストーリーお話作り話虚構フィクション説話小説口碑こうひ伝え話昔話民話伝説言い伝え

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「叙事」の解説

【叙事】じよじ

事実を記述する。〔帰潜志、一〕(雷林淵)學にして雄氣り。を爲(つく)るに、專ら韓昌黎()に法(のっと)り、尤も敍事に長ず。

字通「叙」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android