マーク フィッシャー(英語表記)Mark Fisher

現代外国人名録2016の解説

マーク フィッシャー
Mark Fisher

職業・肩書
ミュージシャン

国籍
英国

グループ名
グループ名=マット・ビアンコ〈Matt Bianco〉

経歴
ブルー・ロンド・ア・ラ・タークなどのバンドに参加し、英国を中心にセッション・ミュージシャンとして活動。1986年ブルー・ロンド・ア・ラ・ターク時代の同僚であったマーク・ライリーの招きでジャズ・ポップグループのマット・ビアンコに加入し、キーボードなどを担当。同年アルバム「マット・ビアンコ」をリリース。’80年代のラテン音楽とファンクを融合させたファンカ・ラ・ティーナの流れを汲み、一貫してラテンへの憧憬を表現する。以後、ライリーとのコンビでバンドを続けるが、2004年一時脱退、ライリーと創立メンバーであるバーシアとダニー・ホワイトの3人が再結集し、アルバム「マッツ・ムード」を発表。のち、バンドに復帰してライリーとのコンビに戻り、2006年アルバム「WAP BAM BOOGIE」を制作。他のアルバムに「インディゴ」(1988年)、「アナザー・タイム・アナザー・プレイス」(’93年)、「ワールド・ゴー・ラウンド」(’99年)、「リコ」(2000年)、「ハイダウェイ」(2012年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android