コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マークオサムシ

百科事典マイペディアの解説

マークオサムシ

鞘翅(しょうし)目オサムシ科の1種。体長25〜30mm。現在は東北地方低湿地,とくに泥炭地のみに生息。産地が局限されるうえ,開発の脅威にさらされている。絶滅危惧II類(環境省第4次レッドリスト)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

マークオサムシの関連キーワード鞘翅

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android