マーク ラファロ(英語表記)Mark Ruffalo

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
俳優

国籍
米国

生年月日
1967年11月22日

出生地
ウィスコンシン州ケノーシャ

経歴
イタリア系米国人。バーテンダーをしながらロサンゼルスの演技学校ステラ・アドラー・コンサバトリーに学び、舞台で修業。1992年「Rough Trade」で映画デビュー。「ユー・キャン・カウント・オン・ミー」(2000年)で注目を集め、以降中堅のバイプレイヤーとして活躍。2004年「夫以外の選択肢」では製作総指揮も務めた。2010年の「キッズ・オールライト」でアカデミー賞助演男優賞に初ノミネートされる。他の映画出演作に「ラスト・キャッスル」(2001年)、「ハッピー・フライト」「ウインドトーカーズ」(2002年)、「死ぬまでにしたい10のこと」「イン・ザ・カット」(2003年)、「コラテラル」「エターナル・サンシャイン」(2004年)、「迷い婚」(2005年)、「ゾディアック」(2007年)、「かいじゅうたちのいるところ」(2009年)、「アベンジャーズ」(2012年)、「はじまりのうた」(2013年)、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015年)など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マーク ラファロの関連情報