コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーケティング・データベース marketing database

1件 の用語解説(マーケティング・データベースの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

マーケティング・データベース【marketing database】

顧客と企業とが相互に価値を与えあうリレーションシップを持つために必要な情報を保存する場所のこと。一般に、次の3つの情報カテゴリーがある:顧客の氏名、住所、年齢や収入レベルといった個人についての関連情報。顧客と交流することによって得たすべての情報。マーケティングをうまく機能させるために、オンラインの複数のチャネルからリアルタイムアクセス、検索、セレクト、拡張、そして処理などをすることが出来る。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
DBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マーケティング・データベースの関連情報