コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーシャル=ラーナーの条件 マーシャル=ラーナーのじょうけんMarshall-Lerner condition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーシャル=ラーナーの条件
マーシャル=ラーナーのじょうけん
Marshall-Lerner condition

二国間の貿易均衡が安定であるための条件。均衡が輸入財と輸出財の相対価格の価格メカニズムで達成可能な場合を安定といい,均衡が安定であるためには,自国と外国の輸入需要の価格弾力性の和が1よりも大きくなくてはならない。この安定条件は A.マーシャルと A.P.ラーナーによって導かれたので,マーシャル=ラーナーの条件と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマーシャル=ラーナーの条件の言及

【為替理論】より

…ただし,均衡が安定的であるためには,外国為替の価格が上昇するときに,その超過需要が減少すればよいから,自国の輸入需要の弾力性と外国の輸入需要の弾力性の和が1以上であればよい。この条件をマーシャル=ラーナーの条件という。 以上のように分析を貿易収支に集中したことや,これが国際収支の最大の項目であったことなどから,フロー・アプローチのもとで,為替相場が自由に変動すれば貿易収支を均衡させることができるという通俗的見解が広まった。…

※「マーシャル=ラーナーの条件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マーシャル=ラーナーの条件の関連キーワード弾力性アプローチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android