コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーツー(馬祖)島 マーツーとうMazu dao

1件 の用語解説(マーツー(馬祖)島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーツー(馬祖)島
マーツーとう
Mazu dao

中国南東部,フーチエン(福建)省の沿岸北部にあるマーツー列島の一島。ナンカン(南竿)島ともいう。マーツー列島の 19の島とあわせてタイワン(台湾)の連江県を構成する。おもに漁業が行なわれる。かつて中国フーチエン省の一部であったが,1949年中国国民党政府軍が占拠して要塞化した。1978年までは中国人民解放軍と砲撃の応酬があった。1992年にチンメン(金門)島とともに 43年ぶりに戒厳令が解除された。面積 10km2。県人口 8732(2003推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone