コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マールワーリー mārwārī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マールワーリー
mārwārī

インド西部,ラージャスターン州ジョードプル地方人,特にバニヤー (商人) ・カーストの人をさす。この地方は商業,農業がふるわないため,18世紀から北インドの諸都市に移住して商業,金融に活躍し,インド有数の商業集団に成長した。その多くはジャイナ教徒で,勤勉で蓄財の才に富み,富裕な経営者,商人を輩出した。ビルラー財閥創始者 G.ビルラーもその一人である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のマールワーリーの言及

【マールワーリー資本】より

…インド北西部,ラージャスターン州のバニアー(商人カースト)を総称してマールワーリーMārwārīという。原義は〈マールワール地方の人〉。…

※「マールワーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マールワーリーの関連キーワードマールワーリー資本ラージャスターン語インド諸言語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android