コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミイラ穂病(アキメヒシバ)

1件 の用語解説(ミイラ穂病(アキメヒシバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

ミイラ穂病(アキメヒシバ)

暖地で発生の多い穂枯性の糸状菌病。出穂後、穂が灰色から黒色の菌叢に覆われ、枝梗が互いに接着された状態となり、穂全体がかびる。葉には白色の菌叢が葉 脈に沿って条状に現れる。病原菌はエピファイト(表生菌)として植物表面に感染し、感染植物は耐虫性を持つようになることが報告されている。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミイラ穂病(アキメヒシバ)の関連キーワードミイラ穂病(パスパルム)ミイラ穂病(パラグラス)ミイラ穂病(パンゴラグラス)ミイラ穂病(バミューダグラス)ミイラ穂病(イトアゼガヤ)ミイラ穂病(カゼクサ)ミイラ穂病(シマヒゲシバ)ミイラ穂病(イヌビエ)ミイラ穂病(チカラシバ)ミイラ穂病(チガヤ)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone