コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミイラ穂病(オキナワミチシバ)

飼料作物病害図鑑の解説

ミイラ穂病(オキナワミチシバ)

暖地で発生の多い穂枯性の糸状菌病。出穂後、穂が灰色から黒色の菌叢に覆われ、枝梗が互いに接着された状態となり、穂全体がかびる。葉には白色の菌叢が葉 脈に沿って条状に現れる。病原菌はエピファイト(表生菌)として植物表面に感染し、感染植物は耐虫性を持つようになることが報告されている。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

ミイラ穂病(オキナワミチシバ)の関連キーワード暖地

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android