コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミイラ穂病(シマヒゲシバ)

1件 の用語解説(ミイラ穂病(シマヒゲシバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

ミイラ穂病(シマヒゲシバ)

暖地で発生の多い穂枯性の糸状菌病。出穂後、穂が灰色から黒色の菌叢に覆われ、枝梗が互いに接着された状態となり、穂全体がかびる。葉には白色の菌叢が葉 脈に沿って条状に現れる。病原菌はエピファイト(表生菌)として植物表面に感染し、感染植物は耐虫性を持つようになることが報告されている。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミイラ穂病(シマヒゲシバ)の関連キーワードミイラ穂病(パスパルム)ミイラ穂病(パラグラス)ミイラ穂病(パンゴラグラス)ミイラ穂病(バミューダグラス)ミイラ穂病(イトアゼガヤ)ミイラ穂病(カゼクサ)ミイラ穂病(イヌビエ)ミイラ穂病(アキメヒシバ)ミイラ穂病(チカラシバ)ミイラ穂病(チガヤ)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone