ミイラ穂病(パラグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

ミイラ穂病(パラグラス)

暖地で発生の多い枯性の糸状菌病。出穂後、穂が灰色から黒色の菌叢に覆われ、枝梗が互いに接着された状態となり、穂全体がかびる。には白色の菌叢が葉 に沿って条状に現れる。病原菌はエピファイト(表生菌)として植物全体に感染し、感染植物は耐虫性を持つようになることが報告されている。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android