コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカエリソウ(見返り草) ミカエリソウComanthosphace stellipila

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカエリソウ(見返り草)
ミカエリソウ
Comanthosphace stellipila

シソ科の落葉小低木で,本州西部に分布する。山地の木陰に生えて群落をつくる。は高さ 40~100cmとなり,若枝には密に星状毛がある。葉は対生し,長い柄があり,長さ 12~20cmの大きな楕円形で下面に茎と同様の星状毛がある。9~10月に,茎の頂端に太い花穂をつけ,3個ずつの唇形花が扁円形の包葉に包まれる。この包葉は花が開くとすぐに脱落する。花は淡紅色,おしべは濃紅紫色で4本中2本は花冠より長い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android