コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカンネセンチュウ Tylenchulus semipenetrans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカンネセンチュウ
Tylenchulus semipenetrans

袋形動物門線虫綱チレンクス目チレンクス科。ミカン栽培地帯のミカン,カキ,ブドウ,ナシなどの根に寄生し,特にミカンに大害を与える。体長 0.3~0.4mm,体幅 0.1mmの袋状,雄は体長 0.3~4mmで細長い。排泄口は体の中央よりやや後方に開く。雌は寄主植物の根の組織に多数個体が頸部を埋め,尾端にゼラチン質の卵嚢をつくり,中に多数の卵を入れている。世界共通種。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミカンネセンチュウの関連キーワード植物線虫類

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android