ミカンハモグリガ(読み)みかんはもぐりが(英語表記)citrus leafminer

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミカンハモグリガ
みかんはもぐりが / 蜜柑葉潜蛾
citrus leafminer
[学]Phyllocnistis citrella

昆虫綱鱗翅(りんし)目コハモグリガ科に属するガ。はねの開張5、6ミリ。はねの細長い微小種で、前翅は淡黄色、黒褐色あるいは橙(だいだい)色の横線や縦線があり、外縁には2、3個の黒紋があり、翅頂近くには大きな黒紋がある。後翅は紐(ひも)状に細く白色、長い縁毛が生えている。本州以南のミカン栽培地、台湾、中国、東南アジアからアフリカ、オーストラリアに広く分布。幼虫はミカン類、カラタチの葉に潜入する害虫。和名は科名にちなんでミカンコハモグリともいう。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android