コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシュミ族 ミシュミぞく Mishmi

1件 の用語解説(ミシュミ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミシュミ族
ミシュミぞく
Mishmi

インド,アッサム北東部のロヒット渓谷とディバン渓谷に住むチベットビルマ語系の一民族。人口は約3万 5000と推定される。服装,髪型で相互に区別されるタラオン,カマン,イドゥの3集団に分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミシュミ族の言及

【ヒマラヤ[山脈]】より

…部族間の戦争や奴隷も,近年まで残っていたという。おもな部族は,ロヒット地区のミシュミ族,シアン地区のアディ(旧名アボル)族,スバンシリ地区のニシ(旧名ダフラ)族と高原状の盆地に住むアパタニ族である。住民の基本的な生業は農業で,山地ではジュムすなわち焼畑農業が伝統的である。…

※「ミシュミ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミシュミ族の関連キーワードタイ諸語ボド族アッサムアッサム地震ノート渓谷グランバッサムカチンマウントホッサムミュスカアッサム[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone