コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾根 オネ

デジタル大辞泉の解説

お‐ね〔を‐〕【尾根】

山の峰と峰とを結んで高く連なる所。また、隣り合うと谷とを隔てて連なる突出部。脊梁(せきりょう)。稜線(りょうせん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おね【尾根】

山の稜線りようせん。峰続き。山稜。 「 -伝いに歩く」 「 -すじ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾根
おね

谷と谷または盆地と盆地などの間にあり、連続している山地の突起部をいう。山背、山稜(さんりょう)の同義語。尾根の規模は、山地の規模によって異なる。同じ山地にあり主分水界を形成している尾根の規模は、一般に支脈のそれよりも大きい。尾根の配列は、地質構造や構成岩層の分布が複雑である所ほど入り組んでいる。高山寒冷地帯にあり氷食・周氷河両作用が激しい所では鎌(かま)尾根が形成される。[有井琢磨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尾根の言及

【登山】より

…針のように鋭い岩峰で,ニードルneedleと同じ。 尾根両側が谷で囲まれた頂稜部の総称。頂上からの主尾根から派生する尾根は支尾根。…

※「尾根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾根の関連キーワード愛知県豊川市金沢町愛知県新城市八名井東京都町田市小山町丹沢大山国定公園枕状スコアマークナイフリッジ荷重痕条線会下山遺跡岩稜・巌稜茅戸・萱所交差氷堆石山の撓り八方尾根仙丈ヶ岳アレートマチガ沢痩せ尾根乗っ越し馬の背御巣鷹

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾根の関連情報