コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首狩り くびかり head-hunting

3件 の用語解説(首狩りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

首狩り
くびかり
head-hunting

他集団員の頭部を切り取り,保持する習俗のこと。狩猟採集民にはまれで,ある程度発達した農耕を行なう諸民族間にみられるところから,農耕との関連で起こった宗教儀礼から発生したものと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くびかり【首狩り】

他の集団に属する人間を襲って殺し,首級を手に入れることを目的とした慣行。頭部に霊的な力が宿るという信仰が基本にあり,それを自分たちに有効な力として操作しようとする呪術・宗教的な行為である。南アメリカエクアドル領のヒバロ族は首級を念入りに加工し,保存する。日ごろから敵対関係にある集落の人間を,不意討ち,待伏せなど奇襲手段で殺し,切断した犠牲者の首級を持って安全な場所までひきあげると,直ちに頭骨を除去して,残りをそのまま土なべの中で煮て,縮小させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

首狩り
くびがり

自集団以外の者の首(頭部)をとる習俗。首をとるには殺すことになるが、目的は殺人ではなく首をとることである。いいかえれば、首狩りに共通する考えは、霊は人間の頭に宿るので、その霊を手に入れようとすることである。すなわち、自分たちに有利に運命を操作し除災招福をしたい、それには霊力の増強が必要である、増強するには自集団以外の霊力をも集めたい、その方法として他集団の者の首を狩り取ってくる、という論法である。狩り取った首をそのまま用いる所と、手を加える所とがある。手を加えても霊は去らないと信じる所でのみ加工がなされた。頭髪付きの頭皮(頭皮剥奪(はくだつ)scalping)、南アメリカの先住民ヒバロが頭蓋(とうがい)骨を抜き取ってつくる「干し首」、アンデスのパラカス地方に出土する頭部前半分と顔面だけの「首級トロフィー」などがそれである。
 半農半狩猟の部族は、縄張り争いが多いので、強力な敵の首(霊)は相手側の力を減らし自集団の霊力を増強することになる。首は、村落の入口に敵側をにらむように外に向けて飾られる。台湾の山岳民パイワンの社会では成人式のとき首狩りを義務づけられた。このようにして集まった首は棚にずらりと並べられ、村落の繁栄を祈る一種の祭壇とされた。農耕民の間では、霊の数が増えることで生産力が増強されるものと考え、作物の豊穣(ほうじょう)、家畜の増産、部族民の多産の儀式に、首が供えられた。
 ある期間飾られた首は、祭儀で慰霊したのちに埋葬される所と、しゃれこうべにして保存する所とがある。ミャンマー(ビルマ)北部のワ人は、畑に置いた首のうじ虫のわき方で、収穫の多少を占ったりしていた。
 前述のように首狩りは、インド、東南アジア、フィリピン、台湾、南北アメリカなどの農耕民・半農耕民に広く分布していた習俗であるが、文化が進むにつれしだいに消滅し、現在ではほとんど皆無になった。[深作光貞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の首狩りの言及

【アニミズム】より

…ある人の臨終に際し,親族が屋根に登り,または井戸の底に向かってその人の名を呼び,離脱しようとする霊魂を呼び戻そうとする魂呼びの風習は各地に見られた。かつて各地で行われた首狩りは,首に内在する霊魂を獲得することにより,狩りえた側の豊饒性を増大させることを目的としたとされる。死は身体からの霊魂の永久離脱を意味するが,死後の霊魂は天上,地上,地下などの他界に赴き,定められた時にこの世を訪れるものと信じられているところは少なくない。…

【イバン族】より

…19世紀から20世紀初頭にかけて盛んに移住と戦闘行為を繰り返し,世界有数の勇猛な首狩族として知られるに至ったが,その後サラワク政府による平定と,ゴム,コショウという換金作物の導入の結果,現在では定着的な傾向が強まっている。首狩りの盛行は1920年代に終えんをみた。サラワク州内の人口は32万(1975)を数え,同州における最大の単一民族集団であり,政治的にも侮りがたい勢力をもつ。…

【殺人】より

…いけにえの頭骨に牛脂を塗って神聖なヘビへの供物にしたのである。かつて存在した首狩りの慣行も,その多くは犠牲者の生命力を個人の中に,あるいは社会の中に取り込もうとする儀礼的殺人だった。 部族社会では呪術的なのろいも現実に殺人効果をもたらす。…

【ヒバロ】より

…社会構成上の特徴としては,父系に傾斜した非単系原理,一夫多妻2世代の小規模家族構成,妻方居住婚の優先などがあげられる。ヒバロ族は,かつて首狩りで手に入れた首級を乾首(ツァンツァ)に加工していたことで,よく知られている。首狩りと乾首は,幻覚体験(ダツラやバニステリオプシスなどの植物を利用),霊魂観(三つの魂を区別する),復讐行為,社会的威信などが複合した慣行である。…

【ワ族】より

…普通は1対)があり,信号用に用いられるが,山から太鼓を運び込むのは重要な儀礼である。伝統的な生活を残してきた地域では20世紀半ばまで首狩りを行い,春の播種期に首を狩りとってくることにより,その年の豊作を確実にした。オタマジャクシから怪物に変身し,洞窟に住んだ始祖夫婦が死ぬとき子孫に首狩りをしろと遺言した,と神話は語っている。…

※「首狩り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

首狩りの関連キーワード制帽総員総勢排外主義マージナルマン捨殺し人食い集団栄養集団給食施設推定平均必要量

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

首狩りの関連情報