コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミセルコロイド

百科事典マイペディアの解説

ミセルコロイド

溶液中の分子またはイオンが一部会合した集合体(ミセル)として存在するコロイド分散系。セッケンなどの界面活性剤溶液や,ある種の染料溶液の濃度を高くした場合にみられるが,希釈すると会合した分子やイオンがばらばらになりコロイドとしての性質を示さなくなる。
→関連項目コロイド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のミセルコロイドの言及

【コロイド】より

…線状高分子を化学的に架橋し網目状高分子とすると,水で膨潤しゲルとなるが,流動性をもつゾルにはならない。
[会合コロイドassociation colloid]
 ミセルコロイドmicelle colloidともいう。親油性の炭化水素基と親水性のカルボキシル基,スルホン酸基,硫酸基,アンモニウム基などをあわせもつ分子は界面活性剤と呼ばれ,その水溶液は低い表面張力をもつ。…

※「ミセルコロイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミセルコロイドの関連キーワード会合(化学)コロイド溶液

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android