コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミチノクサイシン(陸奥細辛) ミチノクサイシンAsarum fauriei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミチノクサイシン(陸奥細辛)
ミチノクサイシン
Asarum fauriei

ウマノスズクサ科の常緑多年草。東北地方のブナ帯林床に産する。葉は円形または腎円形で,長さ,幅とも2~4cm,表面は濃緑色で光沢がある。4~5月頃,雪どけとともに開花し,根ぎわに暗紫色の小さな筒形の花をつける。花弁は退化する。はやや上に広がった筒状で長さ 5mm,径約 10mmほど,内壁には隆起した約 12本の縦ひだと数本の横ひだがある。花柱は6本で直立し,その先端は角状に伸びて萼筒入口よりやや突出する。花柱のまわりには 12本のおしべがある。和名は分布域にちなんだものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android