ミッシェル‐レヴィの図(英語表記)Michel-Levy's chart

法則の辞典の解説

ミッシェル‐レヴィの図【Michel-Levy's chart】

分散の著しくない透明結晶においては,干渉色はほぼレターデーションの値で定まる.そこでレターデーション R 値を横軸に,薄片の厚さを縦軸にとれば,複屈折量一定の線は原点を通る直線となる.

種々の複屈折量に対してこの直線群を描き,R の値に相当する干渉色で彩色したものをミッシェル‐レヴィの図という.厚さの既知の薄片の干渉色を観察して複屈折量を推定するのに利用される.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android