コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッシェル‐レヴィの図 Michel-Levy's chart

1件 の用語解説(ミッシェル‐レヴィの図の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ミッシェル‐レヴィの図【Michel-Levy's chart】

分散の著しくない透明結晶においては,干渉色はほぼレターデーションの値で定まる.そこでレターデーション R 値を横軸に,薄片の厚さを縦軸にとれば,複屈折量一定の線は原点を通る直線となる.

種々の複屈折量に対してこの直線群を描き,R の値に相当する干渉色で彩色したものをミッシェルレヴィの図という.厚さの既知の薄片の干渉色を観察して複屈折量を推定するのに利用される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミッシェル‐レヴィの図の関連キーワード結晶化分散度マッシーフX線の異常散乱ショットキー欠陥フェイバー‐ジャクソン関係式ホールデイン‐ハクスレイの法則面角不変の法則ヨッフェ効果(結晶)ランダウ条件

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone