コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッチェル軸受 ミッチェルじくうけMichell thrust bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミッチェル軸受
ミッチェルじくうけ
Michell thrust bearing

動圧型のスラスト軸受の一種で,キングスベリ軸受と同種。ともに考案者名にちなむ。板 (パッド) 上の油膜圧力中心をピボットまたはそれに相当するもので支持する構造になっていて,静止板は負荷に応じて自動的に傾斜し,楔状の油膜を形成する。蒸気タービンや水車発電機などの大型機械のスラスト軸受に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のミッチェル軸受の言及

【軸受】より

…平板の支点を平板の中央より少し下流方向の位置にとると,平板は自動的にある傾斜を保ち,くさび作用が生ずるのである。これをスラスト軸受に応用したのがミッチェル軸受である。このような軸受の開発によって,巨大な船のプロペラの推力を支え,巨大な水車の重量を支えることがはじめて可能となった。…

※「ミッチェル軸受」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android