コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミトゥナ mithuna

世界大百科事典 第2版の解説

ミトゥナ【mithuna】

サンスクリットで,1対の男女,さらにその性的結合を意味する。ミトゥナ像はインド美術の各時代にわたって多数の造例があり,この宗教美術の官能的な一面を代表している。ボードガヤーサーンチーなどの古代初期の仏教彫刻では,単に男女が並立しているにすぎないが,グプタ朝時代には接吻したり,体を接触させたものがあり,エローラカジュラーホ,ブバネーシュワル,コナーラクなどのヒンドゥー教彫刻では性的結合のさまざまな体位を表したものも多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のミトゥナの言及

【ヒンドゥー教美術】より

…肉体の力,とくに性的な力(シャクティ)を神的なものとする考え方は,神妃の観念を発達させ,男神に特定の神妃を配するようになった。女神像,ことに官能的な像容をとるものが多く,男女の性的結合を示す像(ミトゥナ)も作られたのはこのことによる。なお,上述の特質は密教像にもみられるところであるが,それは大乗仏教がヒンドゥー教的な考え方を採り入れて密教となったからにほかならない。…

※「ミトゥナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミトゥナの関連キーワードカンダーリヤ・マハーデーバ寺カンダーリヤマハーデーバ寺院ナーガールジュナコンダ遺跡カジュラーホの建造物群コナーラクの太陽神寺院ビシュワナート寺院ヒンドゥー教美術バーダーミ石窟アジャンタ石窟サンスクリットバーダーミスーリヤ寺神妃思想

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android