コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナミセミクジラ Eubalaena australis; southern right whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミナミセミクジラ
Eubalaena australis; southern right whale

クジラ目ヒゲクジラ亜目セミクジラ科セミクジラ属。体長 17m以上,体重は少くとも 100tに達する。出生体長 4.5~6m。大半は全身黒色を呈するが,白斑の割合が多いものや青黒色,明褐色および白灰色のものもある。頭部は大きく,体長の4分の1以上に達する。下顎の上縁が大きく弓状にせり上がる。上顎と下顎にはかさぶた状になった角質層の盛上がりがあり,個体によってその数や形状が異なるので,個体識別に用いられている。胸鰭 (むなびれ) と尾鰭は大きく,背鰭はない。噴気孔は2個で,左右に離れているために噴気がV字状に吹上がる。口内の上顎上面に片側で 200~270枚のくじらひげを有し,なかには長さ 3mに達するものがある。ひげの板状部は暗灰色あるいは黒色で,繊毛部は灰色から黒色。開いた口の正面から海水を取込みくじらひげでこし取るようにして,おもに浮遊性甲殻類のカラヌス類を捕食している。遊泳速度が遅く,比較的動作が緩慢である。繁殖期は夏~秋で,繁殖場は南緯 20゜以南の温帯域。南緯 20゜~55゜にかけて分布する。南半球における基地捕鯨の対象種として捕獲され,その現存数が減少。 1936年に全面捕獲禁止となる。絶滅危惧種

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミナミセミクジラの関連キーワードウォーナンブールバルデス半島セドゥナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android