コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴気孔 ふんきこう fumarole

翻訳|fumarole

6件 の用語解説(噴気孔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

噴気孔
ふんきこう
fumarole

火山ガスを噴出する孔。水蒸気孔のほか,硫化水素亜硫酸ガスを噴出する硫気孔炭酸ガスを噴出する炭酸孔などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふんき‐こう【噴気孔/噴気口】

火山で、ガスや水蒸気を噴出する穴。水蒸気孔・硫気孔など。
ロケットジェットエンジンで、爆発させたガスを噴出する穴。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

噴気孔【ふんきこう】

火山ガスを噴出する地中の穴や割れ目。ガスの成分により水蒸気孔,硫気孔,炭酸孔などと区別されることがある。ガスの温度も常温に近いものから数百℃のものがある。噴気孔のまわりにはふつう硫黄,セッコウ,塩化アンモニウムなど多くの鉱物が沈積付着している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

噴気孔

熔岩流の基底部と下にある堆積物との間にある不規則な壁をもった管状の洞穴である.これらは湿った泥や樹液に富んだ植物が熔岩で埋まり放出されたガスによって形成されたものである[Fuller : 1931, Shrock : 1948].

噴気孔

一般に火山地域の高温のガスを地中から絶えず噴出している場所で,水蒸気と塩酸や弗酸などの混合したガスが特徴である.ペレによれば,主な火山の中心から直接供給される初生噴気孔と,火山の中心から離れた熔岩流で出てくる二次噴気孔とに分けることができる[Perret : 1924].ラテン語fumusは煙の意味.火山噴気孔という場合もあるが同じである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

噴気孔
ふんきこう

火山の火口内や山腹・山麓(さんろく)で火山ガスを噴き出している穴。マグマに直接関係する一次的噴気孔と、新しい溶岩流や火山砕屑物(さいせつぶつ)層の表面にあって、それらが高温の間だけ存在する二次的噴気孔とがある。噴気(火山ガス)は、温度の高いものでは900℃以上に達することがある。その成分はほとんどの場合、体積で90%以上が水蒸気で、その他に二酸化炭素、亜硫酸ガス、水素、一酸化炭素、硫化水素、塩化水素、フッ化水素酸などが含まれる。その組成は各火山、各火口、各噴気孔ごとに特徴がある。硫化水素や亜硫酸ガスに富むものを硫気孔、炭酸ガスに富むものを炭酸孔とよぶ。同じ噴気孔でも、火山ガスの温度、量、組成はときにより変化するので、噴火予知の手掛りとなりうる。一般に、噴気孔に近づくのは危険で、過去に草津白根山(しらねさん)、秋田焼山(やけやま)などの噴気孔で中毒死者を出した。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

噴気孔の関連キーワード石炭ガス不可逆変化ガス田火映超高温変成作用ガス火口ガス火山泥丘火山灰流ガス火山区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

噴気孔の関連情報