コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミナ王国 ミナおうこくMinā'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミナ王国
ミナおうこく
Minā'

古代の南アラビアの国家。イエメン北部を中心に栄えた。その年代については,サバ王国より古く前 1200年頃~前6世紀とする説や,サバ王国と並行して前6~1世紀頃とする説など諸説があり,はっきりしない。首都はカルナーウにあり,そこから北方地中海方面にいたる隊商路に沿って各地に植民都市をもっていた。現在ミナ王国の碑文は北部イエメン地方とともにアラビア半島北部のタブークなどからも発見されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミナ王国の関連キーワードアラビア史ジャウフ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android