ミニマックス理論(読み)ミニマックスりろん(英語表記)minimax theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミニマックス理論
ミニマックスりろん
minimax theory

あるゲームでプレーヤーが意思を決定する場合,どのような行動原理に基づいて行うかに関してその戦略過程を解明した理論。 J.ノイマンによって展開され,ゲームの理論の柱となっている。この理論は,競争原理がどのようにして成立するかを対立する2人のプレーヤー (A,B) の戦略決定の数学モデルで証明してある。一方のプレーヤーAが最大の利得をあげるための戦略をマクシミニ戦略というが,Bがこれに対抗してAの戦略行動のなかで最も利得が最小になるような戦略を展開することをミニマックス戦略と呼んでいる。このような選択原理をミニマックス理論という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android