ミノルスキー(英語表記)Vladimir Fyodorovich Minorskii

世界大百科事典 第2版の解説

ミノルスキー【Vladimir Fyodorovich Minorskii】

1877‐1966
ロシア生れのイスラム学者。モスクワ大学で法律を学び,外務省に入る。第1次世界大戦中,トルコ・イラン国境画定委員会に参加。これがきっかけとなって東洋研究に転じた。ロシア革命後,パリに移り,1932‐44年,ロンドンの東洋学院でイラン学を講じた。アラビア語,ペルシア語史料を使った文献学的な歴史地理学,クルド史,サファビー朝官制史の研究に優れた業績がある。主著は《イラニカ》(1964)。【坂本 勉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android