ミノルスキー(英語表記)Vladimir Fyodorovich Minorskii

世界大百科事典 第2版の解説

ミノルスキー【Vladimir Fyodorovich Minorskii】

1877‐1966
ロシア生れのイスラム学者。モスクワ大学で法律を学び,外務省に入る。第1次世界大戦中,トルコ・イラン国境画定委員会に参加。これがきっかけとなって東洋研究に転じた。ロシア革命後,パリに移り,1932‐44年,ロンドンの東洋学院でイラン学を講じた。アラビア語,ペルシア語史料を使った文献学的な歴史地理学,クルド史,サファビー朝官制史の研究に優れた業績がある。主著は《イラニカ》(1964)。【坂本 勉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報