コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミノルスキー Vladimir Fyodorovich Minorskii

1件 の用語解説(ミノルスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミノルスキー【Vladimir Fyodorovich Minorskii】

1877‐1966
ロシア生れのイスラム学者。モスクワ大学で法律を学び,外務省に入る。第1次世界大戦中,トルコイラン国境画定委員会に参加。これがきっかけとなって東洋研究に転じた。ロシア革命後,パリに移り,1932‐44年,ロンドンの東洋学院でイラン学を講じた。アラビア語ペルシア語史料を使った文献学的な歴史地理学クルド史,サファビー朝官制史の研究に優れた業績がある。主著は《イラニカ》(1964)。【坂本 勉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ミノルスキーの関連キーワードニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還菊池大麓杵屋六左衛門レヤード

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone