ミヒャエル ヘフリガー(英語表記)Michael Haefliger

現代外国人名録2016の解説

ミヒャエル ヘフリガー
Michael Haefliger

職業・肩書
ルツェルン国際音楽祭芸術総監督,ダボス国際音楽祭創設者

国籍
スイス

生年月日
1961年

出生地
西ドイツ・ベルリン(ドイツ)

学歴
ジュリアード音楽学校〔1983年〕卒

経歴
父はテノール歌手のエルンスト・ヘフリンガー。バイオリン奏者から芸術監督に転身、音楽を通した様々な文化交流の企画に携わる。1986年世界各地から招かれた10代、20代の演奏家が、スイスの町で3週間一緒に練習し、室内楽アンサンブルを練り上げるダボス国際音楽祭を創設、’98年まで芸術総監督を務める。’99年ルツェルン国際音楽祭芸術総監督に就任。音楽祭テーマを大胆にし、アバトを説き伏せ2003年からルツェルン祝祭管弦楽団を復活させた。’92年9月公演で来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android