コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュラー擬態 ミュラーぎたいMüllerian mimicry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュラー擬態
ミュラーぎたい
Müllerian mimicry

捕食者にとって有毒あるいは味の悪い動物が,種は異なっても互いに共通してよく似た色彩,形状をもつことをいう。 19世紀の動物学者 F.ミュラーにちなむ。たとえばハチの多くが黄と黒の縞をもつことなどであり,これにより捕食の危険度が低くなる。これに対し,あるアブがハチに似るなど,有害,有毒の動物に,そうでないものが似る場合は H.ベイツにちなんでベイツ擬態と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミュラー擬態の関連キーワード捕食者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android