コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュラー擬態 ミュラーぎたいMüllerian mimicry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュラー擬態
ミュラーぎたい
Müllerian mimicry

捕食者にとって有毒あるいは味の悪い動物が,種は異なっても互いに共通してよく似た色彩,形状をもつことをいう。 19世紀の動物学者 F.ミュラーにちなむ。たとえばハチの多くが黄と黒の縞をもつことなどであり,これにより捕食の危険度が低くなる。これに対し,あるアブがハチに似るなど,有害,有毒の動物に,そうでないものが似る場合は H.ベイツにちなんでベイツ擬態と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミュラー擬態の関連キーワード捕食者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android