コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュンヘン・オペラ・フェスティバル

デジタル大辞泉プラスの解説

ミュンヘン・オペラ・フェスティバル

ドイツのミュンヘンで6月~7月にかけて開催されるオペラ・フェスティバル。世界五大オペラハウスにも数えられるバイエルン州立歌劇場が、シーズン公演終了後に毎年開催しているもので、1875年、ワーグナーモーツァルトのオペラ上演を目的としたフェスティバルを開催したのが始まり。会場はほかにキュビリエ劇場、ルイトポルト王子劇場など。オペラ上演のほか、オーケストラによるコンサートやバレエ、声楽などの公演もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android