ミユビトビネズミ(読み)みゆびとびねずみ

  • Dipus sagitta
  • three-toed jerboa
  • みゆびとびねずみ / 三指跳鼠

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目トビネズミ科の動物。カフカス北部から中国東北部までのステップや砂漠に生息し、植物を食べる。頭胴長11~15センチメートル、尾長14~19センチメートル、後足長6~7センチメートル。体重は春から夏は70~80グラムであるが、秋には90~110グラムにもなり、冬眠に入る。体色は暗褐色からセピア色まで変化に富む。夜行性で、餌(えさ)を探し歩くときは10~15センチメートルぐらい跳躍して移動する。驚いたときなど120~140センチメートルも跳躍しながら走る。地下にトンネルを掘ってすむ。繁殖期は夏で、1産2~5子である。

[土屋公幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のミユビトビネズミの言及

【トビネズミ(跳鼠)】より

… およそ30種が知られ,ゴビ砂漠などにすむ後足の指が5本のイツユビトビネズミAllactaga sibiricaなどは5~6ヵ月間冬眠する。ロシアから中国まで分布する後足の指が3本のミユビトビネズミ(キタミユビトビネズミ)Dipus sagittaは妊娠期間25~30日,1産1~8子で,サハラとアラビアの砂漠にすむ後足の指が3本のアフリカトビネズミ(ヒメミユビトビネズミ)Jaculus jaculusは妊娠期間約40日,1産2~10子,飼育下での寿命は6年3ヵ月の記録がある。【今泉 忠明】。…

※「ミユビトビネズミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android