ミラーリング

デジタル大辞泉の解説

ミラーリング(mirroring)

コンピューターで、データを保存する際に、同時に複数の記憶装置に書き込むこと。一つの装置が破損しても、別の装置から同じデータを読み出すことができるため、信頼性の高いシステムとなる。ディスクミラーリングミラー化。→レイドディスクアレイ
スマートホンタブレット型端末ディスプレー上での表示内容を、大画面テレビやディスプレーにリアルタイムで映し出すこと。ミラキャストなどの規格がある。画面ミラーリングスクリーンミラーリングミラー化。
親密な間柄にある者の間で、仕草や動作が同調する現象。特に乳幼児と母親の間で行われる模倣が情動共有や注意喚起に重要な役割を果たしているとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ミラーリング【mirroring】

コンピューター内のデータを同時に別の記憶装置に書き込み、ハードディスクを二重化すること。ハードディスク障害によるデータ破壊を防ぐために用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミラーリングの関連情報