コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミラーレンズ mirror lens

カメラマン写真用語辞典の解説

ミラーレンズ

 光学系の一部に、レンズの代わりに鏡を用いたレンズのこと。大半は望遠レンズである。色収差が小さく、同じ焦点距離のレンズと比べて非常に小型軽量。また、普通のレンズとは違う、ミラーレンズ独特のリング状のボケが得られる。機構上、絞りは固定のものが多い。反射式望遠レンズとも言う。 ミラーレンズの代表と言えば500mm。写真はタムロンのSP500mmF/8。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

ミラーレンズの関連キーワードリレーレンズキャリッジリングぼけ二線ボケ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミラーレンズの関連情報