コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルメカイト myrmekite

岩石学辞典の解説

ミルメカイト

斜長石と蠕虫(足のない虫)状の石英の連晶で,一般にカリ長石を置き換えている.斜長石の周辺を虫食い状に石英が交代しており,斜長石とカリ長石の接触部に発達する.マグマ固結の最終時期あるいは深成岩活動に引き続いた下降交代作用の時期に形成されたものである.最初はフーケとミシェル-レヴィが記載し,ゼーダーホルムが命名した[Fouque & Michel-Levy : 1879, Sederholm : 1899].ギリシャ語でmyrmekiaはこぶ,木の幹のいぼの意.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ミルメカイトの関連キーワード斜長石マイクロペグマタイトミルメカイトアンチペルト石ミルメカイトペルト石

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android