ミンサー(英語表記)mincer

翻訳|mincer

世界大百科事典 第2版の解説

みんさー【ミンサー】

沖縄県八重山諸島産の木綿の小幅帯。察度王(1321‐95)時代から織られてきた。真田織風の紺絣の細帯で,ミンは中国の言葉で綿サーは狭を意味し綿狭帯つまり綿細帯のこと。アフガニスタン地方の小さな腰ひもがチベット,中国を経て伝来したものと考えられている。竹富島の柄は五つと四つの市松柄が交互に組み合わされ,両側竪縞が配されている。この竪縞はムカデの足をあらわし,足しげく通うという意味をもち,通い婚時代の婚約成立の贈物とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android