コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンサー mincer

翻訳|mincer

デジタル大辞泉の解説

ミンサー(mincer)

肉などを細かく挽(ひ)く道具

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みんさー【ミンサー】

沖縄県八重山諸島産の木綿の小幅帯。察度王(1321‐95)時代から織られてきた。真田織風の紺絣の細帯で,ミンは中国の言葉で綿,サーは狭を意味し綿狭帯つまり綿細帯のこと。アフガニスタン地方の小さな腰ひもがチベット,中国を経て伝来したものと考えられている。竹富島の柄は五つと四つの市松柄が交互に組み合わされ,両側に竪縞が配されている。この竪縞はムカデの足をあらわし,足しげく通うという意味をもち,通い婚時代の婚約成立の贈物とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミンサー【mincer】

肉ひき器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ミンサーの関連キーワード沖縄県中頭郡読谷村みんさー工芸館八重山ミンサー沖縄県石垣市チョッパーみんさあ石垣島石垣市首里織沖縄県花織

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミンサーの関連情報