紺絣(読み)コンガスリ

  • 紺×絣/紺飛=白

百科事典マイペディアの解説

紺地に白を主体にして絣模様を織り出したもので,普通は綿織物。本来は染料にアイ(藍)を用いたが,近年は化学染料によるものが多い。耐久性があるので仕事着や普段着に用いられた。久留米絣伊予絣,備後(びんご)絣などが代表的。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android