紺絣/紺飛白(読み)コンガスリ

百科事典マイペディアの解説

紺絣【こんがすり】

紺地に白を主体にして絣模様を織り出したもので,普通は綿織物。本来は染料にアイ(藍)を用いたが,近年は化学染料によるものが多い。耐久性があるので仕事着や普段着に用いられた。久留米絣伊予絣,備後(びんご)絣などが代表的。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android