コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンヤー県 ミンヤーAl-Minyā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンヤー〔県〕
ミンヤー
Al-Minyā

エジプト中部,ナイル川の渓谷沿いに南北約 120kmにわたって延びる,ナイル川氾濫平原の県。県都ミンヤー。北はベニースエイフ県,南はアシュート県と接し,東西は砂漠である。典型的な農業県で,人口の約 70%が農業に従事している。耕地はイブラーヒーミーヤ運河とバフルユースフ運河によってよく灌漑されている。ワタ,トウモロコシ,コムギ,サトウキビ,タマネギ,ナツメヤシを栽培している。製粉,繰綿,製糖業もある。主要都市は県都ミンヤーをはじめとして,ベニーマザールマラウィーマガーガサマールートである。有名な古代遺跡ベニーハッサンがある。面積 2262km2。人口 291万 6000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミンヤー県の関連キーワードベニースエイフアブクルカース

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android