コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシクラゲ Stenoscyphus inabai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムシクラゲ
Stenoscyphus inabai

刺胞動物門鉢虫綱十文字クラゲ目アサガオクラゲ科。体は長さ 1~1.5cmの細長い漏斗形で,短い柄をもつ。この柄でアジモホンダワラヒジキなどの海藻に付着し,ぶら下がるようにして暮らしている。体色は普通赤褐色で,刺胞の塊が白色斑状に散在している。傘縁は四角形となり,その四隅に対をなした短い触手群があり,各触手の先端は球状の吸着盤となっている。一生付着生活をし,自由遊泳することはない。北海道南部から九州までの太平洋岸に分布する。(→クラゲ刺胞動物鉢虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android