コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉢虫類 はちむしるいScyphozoa; sea blubber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉢虫類
はちむしるい
Scyphozoa; sea blubber

刺胞動物門鉢虫綱に属する種の総称。典型的なクラゲ類(→クラゲ)で,ハチクラゲ類とも呼ぶ。一部の例外を除き,通常ポリプ型クラゲ型世代交代を行なう。クラゲ型は比較的大型のものが多く,傘は円盤,円錐,立方体状などで,触手をもつ。生活環は複雑で,受精した卵は浮遊性のプラヌラとなり,その後岩などに着生して小型のポリプとなる。ポリプはおもに出芽によって増殖し,体壁にくびれが入って皿を重ねたようなストロビラとなり,やがて上方から 1枚ずつ離れて花のようなエフィラとなって泳ぎ出る。エフィラは成長してクラゲとなり,再び有性的な繁殖を行なう。本類はすべて海産で,クラゲ類の大部分の種が含まれる。刺胞毒(→刺胞)の強いアカクラゲ水族館での飼育動物としてなじみ深いミズクラゲ,巨大なエチゼンクラゲなど多数が知られている。(→刺胞動物無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の鉢虫類の言及

【ハチクラゲ類(鉢水母類)】より

…腔腸動物門(刺胞動物門)の一綱。鉢虫類,真正クラゲ類ともいう。ごく少数の例外を除いて,ポリプ型とクラゲ型の世代があり,クラゲ型がポリプ型よりも大きく発達している。…

※「鉢虫類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone