コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムシャッタ宮殿 ムシャッタきゅうでんMshatta palace

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムシャッタ宮殿
ムシャッタきゅうでん
Mshatta palace

アンマン (ヨルダン) の南の砂漠にある廃虚と化したイスラム宮殿。ウマイヤ朝のワリード2世によって8世紀前半に着工,750年のウマイヤ朝滅亡のため未完成に終ったとされる。1辺約 150mの城壁で囲まれ,南中央部に唯一の城門を開く。宮殿は南から控えの諸室,中庭,王の諸室から成り,バシリカ式の謁見の間にはローマ,ビザンチンの伝統がうかがわれる。外壁には浮彫装飾が施され,花模様を中心に動物の姿もみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムシャッタ宮殿の関連キーワードウマイヤ朝美術

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android