コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムスペルスヘイム

1件 の用語解説(ムスペルスヘイムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ムスペルスヘイム

北欧神話で世界の南方にある炎熱の国。スルトを王とする巨人たちが住む。太陽や月はこの国からとんできた火花をオーディンらがつかまえて空にかけたもの。
→関連項目ニブルヘイム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のムスペルスヘイムの言及

【北欧神話】より

…大地もなければ天もなく,奈落の口があるばかりで,まだどこにも草は生えていなかった。奈落の口の南にムスペルスヘイムMúspellsheimrという火焰をあげて燃え上がる国があり,そこをスルトSurtrという者が警護に当たっている。彼は燃えさかる剣を手に持ち,世界の終末(ラグナレク)が近づくと荒し回り,世界を火で焼き尽くすことになる。…

※「ムスペルスヘイム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムスペルスヘイムの関連キーワード閻浮提巨人スカジヘル北欧神話南方炎熱ノルネンプルートーユミル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone