炎熱(読み)エンネツ

デジタル大辞泉の解説

えん‐ねつ【炎熱】

燃え盛る火の熱さ。
夏の厳しい暑さ。炎暑。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えん‐ねつ【炎熱】

〘名〙
① 夏のきびしい暑さ。炎暑。また、火の強い熱気。極熱(ごくねつ)
※文華秀麗集(818)中・扈従梵釈寺〈淳和天皇〉「君王機暇倦炎熱、午後尋真幸日宮」 〔呉子‐料敵〕
※謡曲・求塚(1384頃)「八大地獄の数々、〈略〉熱酷熱無間の底に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炎熱の関連情報