炎熱(読み)えんねつ

精選版 日本国語大辞典「炎熱」の解説

えん‐ねつ【炎熱】

〘名〙
① 夏のきびしい暑さ。炎暑。また、火の強い熱気。極熱(ごくねつ)
※文華秀麗集(818)中・扈従梵釈寺〈淳和天皇〉「君王機暇倦、午後尋真幸日宮」 〔呉子‐料敵〕
謡曲・求塚(1384頃)「八大地獄の数々、〈略〉炎熱酷熱無間の底に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「炎熱」の解説

えん‐ねつ【炎熱】

燃え盛る火の熱さ。
夏の厳しい暑さ。炎暑。 夏》
[類語](1温熱火熱かねつ焦熱熱気温気うんきいきほとほとぼり余熱地熱電熱気化熱融解熱放射熱灼熱赤熱白熱加熱過熱暖房保温予熱断熱発熱放熱高熱ヒート/(2猛暑暑気酷暑極暑激暑厳暑炎暑大暑暑熱暑さ酷熱温気向暑残暑焦熱極熱灼熱暑い蒸し暑い暑苦しい焼け付く蒸すいきれ人いきれ草いきれむんむんむしむしする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「炎熱」の解説

【炎熱】えんねつ

きびしい暑さ。唐・杜甫〔楊五桂州に寄す〕 五嶺(桂州の山)は皆炎熱 人に宜しきは、獨(た)だ桂林のみ

字通「炎」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android