コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すると スルト

デジタル大辞泉の解説

する‐と[接]

[接]《動詞「する」の終止形+接続助詞「と」から》
続いて起こる事柄を表すのに用いる。そうすると。「すると突然まっ暗になった」
前の事柄から判断した結果を導く。それでは。「すると君は知っていたのか」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すると

( 接続 )
〔動詞「する」に接続助詞「と」が付いてできた語〕
前の事柄に続いて次の事柄が起こることを示す。 「ドアの前に立った。-ひとりでに開いた」
前の事柄の当然の結果として次の事柄が導かれることを示す。 「 -あなたは会議には出なかったのですね」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

するとの関連キーワードプリング・オフ[pulling off]オープンスカイ協定と独占禁止法の適用除外オルバースのパラドックスミョウバン石(明礬石)チョップ[chop]パーセヴァルの定理ホウ(硼)砂球試験プシュカラ[湖]孟母三遷の教えホスフィン酸未確定文字列酸化バリウムプロメテウス長谷雄卿草紙エッチピット超限帰納法三輪山伝説小人の贈物イルマタル食道静脈瘤

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

するとの関連情報