コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すると スルト

デジタル大辞泉の解説

する‐と[接]

[接]《動詞「する」の終止形+接続助詞「と」から》
続いて起こる事柄を表すのに用いる。そうすると。「すると突然まっ暗になった」
前の事柄から判断した結果を導く。それでは。「すると君は知っていたのか」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すると

( 接続 )
〔動詞「する」に接続助詞「と」が付いてできた語〕
前の事柄に続いて次の事柄が起こることを示す。 「ドアの前に立った。-ひとりでに開いた」
前の事柄の当然の結果として次の事柄が導かれることを示す。 「 -あなたは会議には出なかったのですね」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

するとの関連キーワードオープンスカイ協定と独占禁止法の適用除外プリング・オフ[pulling off]オルバースのパラドックスミョウバン石(明礬石)チョップ[chop]ホウ(硼)砂球試験パーセヴァルの定理プシュカラ[湖]孟母三遷の教えエッチピットプロメテウス長谷雄卿草紙未確定文字列酸化バリウムホスフィン酸超限帰納法イルマタル栗柯亭木端小人の贈物食道静脈瘤

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

するとの関連情報