コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムスペルヘイム Muspelheimr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムスペルヘイム
Muspelheimr

北欧神話で,世界の南端にあるとされる炎熱の国。世界の終り (ラグナレク) の際,巨人スルトがこの国から炎の剣を振りかざして神々と人間の住む国に攻め上るといわれる。また主神オーディンら兄弟はこの炎熱の国からの火花で太陽,月,星などをつくったとされている。 (→ニフルヘイム )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムスペルヘイムの関連キーワード世界の神話にみる万象の起源イミル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android